<景品表示法に基づく表記>

このサイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

Fedifile

Fediverseのアカウント共有を簡単にするサービスを作った話【Fedifile】

こんにちは。夏休み色々やろうと思っても気づいたら終わってました。鮎月(あゆつき)です。

Fediverseのアカウント共有を簡単にするサービス「Fedifile」を作ったので、宣伝を兼ねて色々書こうと思います。

軽く紹介

どう説明すれば簡単なのか、私自身もよく分かってません。語彙力がないからです。悲しい

アカウントページへの転送

「fedifile.net/@username」形式でアクセスすると、すぐにその人のアカウントページを閲覧できます。
特徴的なものは、ログインしていれば「あなたのメインサーバーからその人のアカウントを見られる」ということです。

つまり、こういうこと。

前まで

あゆつき
あゆつき
私のアカウントは「https://misskey.ayutsuki.net/@Ayutsuki」です!
他の人
他の人
私はMisskey.ioにしか登録してないからな…面倒だけど照会機能で見るしか無いね

これから

あゆつき
あゆつき
私のFedifileユーザー名は「@Ayutsuki」です!
他の人
他の人
ふむ、じゃあ「https://fedifile.net/@Ayutsuki」にアクセスすれば…
Misskey.ioからこのひとのアカウント直接表示できるね!便利!

上記の例では、 https://misskey.io/@[email protected] に飛ばされます。

簡易的な自己紹介

「fedifile.net/@username/profile」のようにアクセスすると、その人の自己紹介ページを閲覧できます。
例えばこんな感じ。

任意の自己紹介文に加え、アカウントリストも表示されます。

コンテンツ共有

URLなどのテキストコンテンツ共有も、Twitterのように簡単にできます。
「fedifile.net/share?text=◯◯」の形のリンクをあなたのブログ等に貼っておけば、あとはFedifileがユーザーの普段のサーバーに転送し、普段の共有フォームから投稿出来ます。

Twitterのような使用感のまま、Fediverseの海に共有が出来るというわけです。

作ろうと思ったきっかけ

私は以前から、Fediverse(ActivityPub)アカウントの共有の難しさを感じていました。

複数のサーバーがある故(それがFediverseのあるべき姿だと思いますが)、そのせいで先程の例のような複雑さ、面倒臭さが発生してしまいます。
それを解消するためにこのサービスを作りました。

ちなみに自己紹介機能は正直言うとついでの機能です。

アカウント連携ついでに所有者が同じことを示せるし良くね?と思って実装しました。
KeyBaseによる本人確認とか視覚的に分かりにくいですし。

意外にこっちのほうが使われててびっくりしてます。

おわりに

唯香さん(Bot)そっちのけで頑張ったのでぜひ使ってください!!

ABOUT ME
鮎月 / あゆつき
DiscordのBot作ったり、気まぐれで小説書いたりする人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です