WordPress

【WordPress】カスタマイザーの「何かうまくいかなかったようです。」の解決策

こんちゃ、ryoです!

WordPressのカスタマイザーで変更保存をしようとしたら、「何かうまくいかなかったようです。」とエラーが出て変更保存や公開が出来ないこと、ありませんか?

今回は、私が試したことを紹介します。

サーバー環境

WordPressが動いている環境はこんな感じです。

  • サーバー: mixhost
  • ModSecurity: BitNinja
  • WordPressバージョン: 5.7
    ※執筆時点(2021年3月22日)での最新版
  • PHPバージョン: 7.4

キャッシュ削除

このサイトでは、LiteSpeed CacheというプラグインとCloudflareでキャッシュの管理をしています。

なのでLiteSpeed Cache側のキャッシュとCloudflare側のキャッシュをパージしてみましたが、結局変わりません。

    ブラウザキャッシュ・Cookieをクリア

    mixhostのヘルプページを見ていたら、このような記事を見つけました。

    私の環境で記事の下書き・プレビューでエラーが起きたことはありませんが、似た現象だったので試してみました。

    ・・・が、解決せず。

    ただサイトのログイン状態が外れただけです(面倒)

    ModSecurityを疑う

    この問題についてGoogleで調べてみると、「WAF」が原因であるというサイトを多く見かけます。

    しかしながら、前述したとおり、サーバーで採用されているのは「BitNinja」です。

    それでも一応と思い、mixhostのヘルプページを見ながらModSecurityを無効化してみようと思いました。

    しかし・・・

    WAF/ModSecurityの切り替えが可能なサーバは、imunify360導入サーバーのみです。

    サーバーに導入されてるのはImunify360じゃないんですよ…

    BitNinjaなんですよ…

    よってこの方法はダメ。

    原因はプラグイン

    WordPressで不具合があったら、とりあえずプラグイン全停止してみろという言葉があります(ない)

    でもプラグイン停止で解決することがあるのは本当です。

    やりましたよ、はい。(今更)

    変更保存できるようになりました。

    プラグインのせいというのは確定したので、あとはプラグインを少しずつ有効化してカスタマイザーでの変更保存を試すだけです。

    1個ずつやるのは流石に時間がかかるので、5個ずつやりました。

    そして原因のプラグインを見つけました。

    「Post State Tags」というプラグインです。

    WordPress.orgの情報

    上の画像を見ればわかる通り、執筆時点での最終更新日が11か月前で、検証済み最新バージョンが5.4.4…(現在の最新バージョンは5.7)

    プラグインの開発者さんがカスタマイザーの問題を把握していないだけかもしれませんが、やはり古いものだと問題が出てしまうのでしょうか…

    時間があればWordPress 5.4.4でこの問題を検証してみようと思います。

    まとめ

    やはりWordPressで問題が起きた時は、プラグインの全停止を最初にするべきだと思います。

    原因のプラグインの特定が面倒でやりたくなかった

    カスタマイザーで変更保存できない方は、「Post State Tags」が有効化されていないかどうか、確認してみてください!

    というより、このプラグインに関わらず、プラグインの全停止は大切。()

    危うくmixhostのサポートにメール送るところだった☆←

    ABOUT ME
    鮎月 -Liteyan-
    DiscordのBot作ったり、気まぐれで小説書いたりする人。

    POSTED COMMENT

    1. 初星-はつぼし- より:

      僕の場合は、エックスサーバーのWAFの設定が原因でした!
      この記事通りにやっても解決しない方は参考に…!!

    2. 見知らぬ人(メアドでバレるくね? より:

      わふわふ→もふもふ(りくちゃんを)

    初星-はつぼし- へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です